日常への回帰に前進 ~ファイザー(PFE)のコロナワクチン、11月にも米国で5~11歳への接種開始へ

世界でのコロナ対策の趨勢は、①ワクチン接種を幅広い世代・地域に拡大し、②治療薬の確立を進め、③行動制限は最後の手段、という方向だと思います。投資アイデアの面から言えば、①ワクチンは幅広い世代✕幅広い地域(世界)✕接種回数(ブースター)で3次元的に需要が広がっていきますので最も注目度が高く先行者に有利、②治療薬はワクチンがあまねく広がってしまうと逆に需要が縮小していくのでまさに今必要、③行動制限は①②が進めば必要がなくなるので日常への回帰を前提に成長戦略を再評価していく、といった方向性だと考えます。

で、足元の状況ですが、米国ではいよいよ11月より低年齢層(5-10歳)への新型コロナワクチン接種が始まりそうです。

CNN.co.jp : ファイザー製ワクチン、5~11歳への接種を推奨 米FDA諮問委

米食品医薬品局(FDA)のワクチン諮問委員会は26日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、5~11歳の子どもへの接種を推奨することを賛成多数で…

2021年10月26日、米食品医薬品局(FDA)のワクチン・関連生物製剤諮問委員会(VRBPAC)は米ファイザーの新型コロナウイルスワクチンを5~11歳の子供に使用する利点がリスクを上回ると判断し、緊急接種の許可を勧告しました。FDAは今後、諮問委の勧告を受けて正式承認を検討し、CDCのワクチン諮問委が11月2~3日に会合で決定されるとのことです。このスケジュール通りに進めば、米国では11月中旬にも5~11歳の子供 への新型コロナワクチン接種が開始されそうですね。

関連記事

ファイザー(Pfizer:PFE)

昨日、ファイザーのコロナワクチン(1回目)を打ってきました。ちょっと腕が痛いです。 と、接種後の待機中に気になるニュースが目につきました。 ファイザー製 抗体半年…

米国のコロナ対応は有事から平時へ? ~ファイザーのブースター接種を米FDA第三者委は65歳未満で勧告せず

米食品医薬品局(FDA)は、第三者委員会の議論を踏まえた勧告を受けて承認を最終判断します。9月17日に開いた第三者委員会では、ファイザー製の新型コロナウイルスワクチ…

ワクチンはコロナ禍の世界を救えるか? ~ファイザー(PFE)が5~11歳のワクチン臨床データをFDAに提出

私事ですが、本日2回目のワクチン(ファイザー)を打ってきました。特に副反応などはありません。 会場の病院では20代の若者の姿も多く見られ順調な接種が進んでいるよう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。